カードローンとキャッシングの違い | お金のことでもう悩みたくない!そんなあなたのためのヒント

ライフプランにはお金の計画的な
使いかたが重要です!
もうお金で悩まないための
資金調達の方法について解説しています。

カードローンとキャッシングの違い

人生の節目にはまとまった金額が必要となりますが、場合によっては必要な資金が不足してしまう場合があります。どうしても足りない場合には、金融機関から融資をしてもらい、間に合わせることも必要です。

そのような場面で、個人が借り入れを受ける場合には、銀行系のカードローンと消費者金融のキャッシングが利用しやすい選択肢となりますが、この両者には違いがあります。

銀行カードローンとは、銀行が個人に対して行っている貸付のサービスで、銀行ATM・提携銀行のATM、コンビニATMやキャッシュディスペンサーなどで借り入れを行う事ができるようになっています。よほどの大口でなければ、担保や保証人を設定しなくても借り入れすることが出来ます。

それに対し、消費者金融のキャッシングは、個人が担保を要らずに小口の融資を受ける事ができます。消費者金融の場合、銀行に比べると金利は高く設定されていることと、総量規制という制限を受けている事が大きな特徴となっています。この総量規制は消費者金融や信販会社などから借りる金額の合計額が年収の1/3以上を超えることが出来ないとものです。

どちらも、審査を通過しないと利用できません。過去一定の期間内に借り入れをし、延滞を繰り返すなどをしている場合には、審査に非常に通りづらくなってしまいます。この両者では、その審査の基準のレベルと、そのスピードに違いがあります。

一般的に消費者金融のキャッシングのほうが審査が緩めで、審査の結果が出るのが早いです。場合によっては、審査が降りるまで間に合わないという事も考えられますので、その場合には選択肢が限られてきます。

それらの特徴を踏まえ、どちらを選ぶかを判断して下さい。