人生の節目で必要となるお金は? | お金のことでもう悩みたくない!そんなあなたのためのヒント

ライフプランにはお金の計画的な
使いかたが重要です!
もうお金で悩まないための
資金調達の方法について解説しています。

人生の節目で必要となるお金は?

物質的な見方から考えると、生活のレベルに密接に関係しているお金ですが、人生で何度か大きな出費を必要とする場面があります。人生の節目においては、かなりまとまった資金が必要となります。

特に大きな出費には、マイホームと子育てと老後の資金が、人生で最も大きな出費となるでしょう。どれも全ての人に必要となるものでは無いのですが、最も大きな出費というとやはり、「教育資金」「住宅資金」「老後資金」が挙げられます。

教育資金は両親の考え方が反映され、大きく人によって違いはあります。公立か私立かというものも大きくそのコストが変わってきますし、幼稚園から高校まで全て私立か?またどこかを私立とするかということでも変わります。

文部科学省の平成24年度子供の学習費調査によると幼稚園から高校まで全て公立を選択した場合には1,372,686円で、逆に全てを私立を選択した場合には4,171,756円となっています。

次に住宅費では、リクルート住まいカンパニーの調査による「2013年首都圏新築マンション契約者動向調査」及び「2013年関西圏新築マンション契約者動向調査」から見ていくと参考になります。首都圏で4168万円、関西圏で3383万円という調査結果が出ています。

そして、老後の資金は、夫が80歳まで生きたとしての試算では約1億円が必要となるようです。予想以上に老後資金が必要という事で驚かれたのでは無いでしょうか?

この他大きなライフイベントがあり、それらに必要となる資金もかなり大きなものがあります。人生を生き抜くにはやはりかなりの資金が必要となるのですね。