子供一人の大学卒業までに掛かるお金 | お金のことでもう悩みたくない!そんなあなたのためのヒント

ライフプランにはお金の計画的な
使いかたが重要です!
もうお金で悩まないための
資金調達の方法について解説しています。

子供一人の大学卒業までに掛かるお金

最近の国内では格差社会と言われ、どんどんその格差は広がってきていると言われています。収入の格差は教育の格差と深く関わっていると言われ、ますます子供の教育への親の関心が高くなっているといえるでしょう。

ただ、子供にかかる教育資金というのは、ある程度予測がしやすいものなので、計画は立てやすいものと言ってよいでしょう。これからどれくらい教育資金として準備すればよいのか見て行きましょう。

まず、教育資金がどれくらいかかるのかは、両親の教育方針次第で大きく変わってくるものです。公立の学校で良いのか、私立がいいのか、さらに医学や薬学などを目指すとなるとかなり教育資金が必要となってきます。もちろんお子さんの意思も組んであげる必要はありますが、教育方針と資金計画は早めに考えておくに越したことはありません。

おおよそですが、目安としてこれくらいが考えられます。

幼稚園
公立 70万円
私立 160万円

小学校 
公立 180万円
私立 840万円

中学校 
公立 150万円
私立 370万円

高校
公立 150万円
私立 300万円

大学は自宅から通うのか、一人暮らしをするのかでも大きく変わってきます。

国立 500万円
私立(文系) 700万円
私立(理系) 800万円
下宿費用 300万円

もちろん、選ぶ地域や学校によっても大きな違いはあります。また、今後の状況次第でも必要となる資金は変わってくるでしょうが、余分にかかっても大丈夫な様に計画を考えておけば、対応できるでしょう。

また、助成金などを含めた最新の情報もその都度入手して、場合によっては計画の見直しもしていけば、より安心です。