担保や保証人なしでキャッシング可能 | お金のことでもう悩みたくない!そんなあなたのためのヒント

ライフプランにはお金の計画的な
使いかたが重要です!
もうお金で悩まないための
資金調達の方法について解説しています。

担保や保証人なしでキャッシング可能

借り入れをして、そのお金を返せなくなった場合に、その借り入れの代わりに資産を提供する場合のこの代わりになる資産を担保と言います。融資の際に、担保の設定を求められる場合があります。

また、借り入れをして、それを返せなくなった場合に、その借入をした当人の代わりに借金を肩代わりしてくれる人の事を保証人と呼び、こちらも融資の際に設定を求められる場合があります。

この担保は万が一のことを考えると、不動産を差し押さえられるのは不安です。また、保証人はなかなかなり手を探すのが大変ですので、保証人が必要となるとかなり敷居が上がってしまいます。

できればこの担保と保証人は設定が不要であればそれに越したことはありません。キャッシングにはこれらが必要なのでしょうか?

基本的に個人のカードローンやキャッシングはこれらが不要で利用できる事になっています。概ねこれらを気にする必要は無いのですが、

ただ、場合によっては例外として、保証人や担保が必要となるケースがあるようです。それは、審査の結果があまり良くない場合、回収出来ない可能性が高いと判斷された場合に、保証人や担保を求められる場合があります。金融機関は、個人の信用情報を調べることができるので、その調査の結果、回収が難しい場合があると判斷された場合にはあり得るということです。

また、審査の結果がより悪い場合には、融資を断る代わりに、保証人の設定を求める事によって、拒絶をすることなく間接的に断る場合に言われる事もあるようです。